製品紹介電力CISシステム

PowerCIS

電力CISシステム開発背景

2016年4月よりスタートした低圧の電力小売り自由化ですが、ライセンス登録事業者がすでに700社を超える勢いです。2017年のガス自由化を含めた10兆円市場への参入を目指し、今後もライセンス登録事業者は増加すると想定されています。
しかし、いざ電力小売り事業に参入しようとしても、事業者が業務の仕組みを作るときに、コアとなる顧客管理システムの構築コストが高いという難点がありました。そうした点が、地域電力や中小の小売り事業者事業参入の障害となっているのです。
そこでスリートでは、電力小売り事業に必要な顧客管理システムを、低コストかつ短期間で導入できるサービスを展開。少しでも新電力事業者のお役に立ち、また電力自由化をともに推進するお手伝いがしたいという思いから、サービス提供の仕組みを構築するにいたりました。それが電力CISシステム「PowerCIS」です。

システムのコンセプト及びポイント

  • ポイント1:事業の立ち上げ期間を短縮すると同時にITコストも抑制
  • ポイント2:一連の電力小売り業務を標準ですべて装備。カスタマイズの最小化を実現
  • ポイント3:クラウドサービスなので、新電力様側でITインフラ資産の保有が不要
  • ポイント4:需給管理システムとの連携利用により、委託費を削減可能

事業紹介

1.新電力事業における業務ノウハウを全て投入した仕組み
2.最適な業務フローを無償コンサルティングによりご提案
3.業界最安水準でのサービスご提供
4.低コストBPO・コールセンターも同時にご紹介(業務の確立も支援)
地域電力及び中小新電力様の事業立ち上げの視点に立ち、業務機能・期間・コストを最適化し、提供・サポートをいたします。

PowerCIS利用手順図
項目 機能概要 備考
顧客管理 受付機能
SW機能(開始・再点・廃止等)
設備情報照会
処理進捗状況確認
契約変更登録・キャンセル
顧客情報照会他
問い合わせ管理
OCCTOのAPIは全て実装
オプションの需給管理にはデータ自動連携
料金計算 確定値自動取得
料金メニュー設定
低圧・高圧 料金計算
割引・日割り等各種計算
標準以外の計算ロジックはカスタマイズにて対応致します。
収入管理 請求データ作成
入金消し込み
遅延金計算・管理
収納代行業者(口座振替・クレジット・コンビニ収納)とのデータ連携は、各社のフォーマット・データ連携方式に合わせてカスタマイズします。 基幹システム連携も同様。
ポータル 低圧・高圧ポータル
使用量・ご利用明細の表示(2年分)
契約内容の表示
高圧は30分値表示
※代理店ポータル機能も提供予定
需給管理
※オプション
需要予測
ポジショニング
市場取引・計画値提出データ作成
需給監視 ※速報値等連携
市場取引データの取り込み機能あり

システム導入ステップ

ステップ1.コンサルティング:簡易コンサル※回数は2回程度
ステップ2.詳細要件確認: 要件定義(ご契約後)
ステップ3.カスタマイズ・サービスインフラ構築: 開発・サービス構築
ステップ4.研修:オペレーション研修

システムの導入費用前提条件

  • 費用は概算費用(暫定)であり、要件確定後再度お見積りをさせて戴きます。
  • 費用には、消費税は含まれておりません。
  • 一時費用については、要件確定後お見積させて戴きます。 カスタマイズがないケースについては、¥500,000(概算費用)~一時費用を申し受けます。 標準作業については、システム初期設定(お客様作業分を除く基本作業)及びシステム操作教育となります。
    ※交通費等諸経費は別途申し受けます。
  • システム導入に関わり、お客様側でご用意戴くシステム関連費用(ITインフラ、ネットワーク、ドメイン取得、 SSL証明書等)は一切含まれておりません。
  • クラウド利用一括費用には、下記の4つの機能が含まれております。需要家数:1万人までご利用戴けます。
    ※顧客管理、料金計算、収入管理(請求データ作成、収納代行事業者連携)、需要家ポータルが含まれております。 ※最低利用期間は3年間となります。(個別案件により別途ご相談に応じます) パッケージテンプレート形式での提供となりますが、そのままご利用戴いても、カスタマイズ後利用でも対応可能です。 本サービスは、2017年5月以降のご提供を予定しております。
  • 通常のサポート費用は、サービス費用に含まれております。 システム障害時を除き原則メールでの対応とします。
    (対応時間;平日9:00-17:00<土日祝祭日・年末年始除く>)
    ※通常のサポートには、システム操作等のQA対応、システム障害の対応を含みます。